購入とレンタルのコスト差
2016.12.20

subimg01コピー機を仕事などで使用する機会が多い人もいるのではないでしょうか。そんなコピー機ですが、導入する場合最初に結構費用が掛かってしまいます。そこでレンタルを考える人もいるのではないでしょうか。レンタルをする場合と購入する場合はそれぞれメリット、デメリットがあります。まずレンタルをする場合はまず一番大きなメリットは初期費用が掛からないという事ではないでしょうか。やはりコピー機を導入する為には最初に大きなお金が必要になってくるので大変です。その為、初期費用を抑えたい人はこちらを利用すると良いでしょう。また、減価償却や固定資産税が掛からないのもメリットの一つです。また、使わなければいつでも止める事も出来るのでこちらもメリットになるでしょう。

では逆にデメリットはどうでしょうか。まず、使用出来る機械の種類が決まっていたり、長く使用するのであれば購入した方が安くなる場合もあります。また、少し型が古かったり最新のものではない事もあります。では購入する場合のメリットとデメリットはどうでしょうか。まず、最新の物を選ぶ事が出来るので、より鮮明な画像や使いやすさを追求する事が可能です。また、長期的に使用すればその分トータル的に見ると安くなる場合もあります。デメリットとしたは、やはり初期費用が高いという事が挙げられるでしょう。コスト差としてはやはりどのくらいの期間使用するのかによっても変わってきます。短期的なのか長期的なのかによってどちらがお得かが変わってくるので、まずは計画を立てていきましょう。

最初の段階ではやはり初期費用と言う部分でコスト差は大きくなります。また、どんな機種を選ぶのかによっても費用も異なりますし、中には中古で安くなっているものもあります。その様なものを選ぶ事で、コスト差を少なくする事も出来ます。その為、一概にどちらが良いとは言えませんが、やはり初期費用と言う面を考えて、買う事を諦める人の方が割合的には多くなっています。会社などで複数台所有しているところもあり、やはり導入するのであれば少しでも費用を抑えたいと誰でも考えるのではないでしょうか。その為にもどの程度使用するのか、どのくらいの物を求めているのかなどしっかりと考えた上でどの様に導入していくかを考えましょう。そうする事で、より経済的な利用の仕方をする事が出来るのではないでしょうか。是非便利に利用し仕事で役立てていきましょう。

▲ ページトップへ